ウォリックシャー カレッジ グループ、Google Apps for Education と Classroom を活用して国際的な専門家の知識を共有

柔軟な Classroom アプリのおかげで、学生はどこにいても学習できるようになりました。

ウォリックシャー カレッジ グループ、電気工事およびラグビー教授 Paul Rabone 氏

課題

2 年前の WCG では、学生には Google Apps が提供されていた一方で、教員が利用できたのは Gmail だけでした。15,500 人を超える学生のうち、Google ドライブを使用していたのは 200 人にも及びませんでした。教員が Google Apps へのアクセス権を持っておらず、学生にその使用を促してこなかったためです。「車に例えればロールスロイスのようなアプリがあったにもかかわらず、教員は Google Apps とその機能を有効に活用する方法を指導するだけの十分な知識を持っていなかったのです」とは、WCG のテクノロジー主任である Yousef Fouda 氏。教員は Microsoft Office と Outlook にそれなりに満足していたため、システムを変更しようとは思わなかったそうです。Fouda 氏は、テクノロジーをもっと効果的に活用すれば、教員の時間を節約し、学生にも共同作業による学習体験を提供できると考えました。

解決策

ハイテク環境を整えるという課題を達成するための手段を選ぶうえで、Fouda 氏に迷いはありませんでした。その手段とは、教員を対象に Google Apps for Education を提供し、すべてのキャンパスで Google Classroom を展開し、教員と学生向けに Chromebooks を導入するというものでした。学生は既に Google Apps for Education を使用しており、教員は Gmail に慣れ親しんでいたため、学生と教員を結び付け、共有と共同作業を可能にするテクノロジーの導入という WCG の目標に合致するソリューションでした。こうした目標は、Google ハングアウト、ドライブ、Google+ の活用に直結したのです。Google Apps for Education の利用は、瞬く間に WCG 全体に広まりました。Fouda 氏により Google Apps for Education を提供された約 100 人の教員が、さらに 600 人の教員にこのテクノロジーの採用をすすめたそうです。現在、4,000 人の学生と教員が毎日 Google Apps を活用しており、2 年前の学生 200 人に比べて大幅に増えることになりました。