聖コルンバ アングリカン スクール、生徒同士が教え合う取り組みに Google Apps for Education と Google Classroom を活用

距離の壁を乗り越える努力を続けている当校では、コラボレーション技術を導入することで、常に世界とつながっていられるようになりました。

e ラーニング・教育工学担当責任者、Matt Richards 氏

課題

聖コルンバ アングリカン スクールは、地理的に不便な地域にいる生徒でもリーダーになれることを証明すべく、取り組みを進めています。その一環として「個人所有の端末の持ち込み(BYOD)」プログラムを導入した同校の IT 担当者は、生徒全員をつなぐ簡単で信頼性の高い方法を必要としていました。

解決策

Google Apps for Education を利用することで、使用する端末にかかわらず、生徒と教師全員が同じコンテンツにアクセスできるようになりました。また、Google Classroom によって、教師はドキュメントなどの Google Apps を使って以前より短い時間で簡単に宿題を作成できるようになりました。