インディアン バレー地区の学校で幼稚園から小学 2 年生までの教師がデジタル リテラシーの授業に Android タブレットを活用

Android タブレットを選んだ主な理由は Google Play for Education ストアでした。タブレットだけでなく Chromebook にも役立つストアのおかげで、教師は担当クラスに必要なコンテンツを簡単に見つけて生徒たちに割り当てることができるようになり、サポートチームにその都度依頼する必要もなくなりました。

インディアン バレー ローカル スクール、テクノロジー主任および Google 認定教育トレーナー Brian Dittfeld 氏

課題

IVLS では、幼稚園生と小学校低学年生の学習サポートにふさわしいツールを見つけるのに苦労していました。幼稚園~小学校 2 年生の個々の生徒のニーズに合わせて授業を行うにはタブレットが最適であることはわかっていましたが、Chromebook のように管理しやすく、コスト効率の良い端末を見つける必要がありました。

解決策

さまざまなサイズの Android タブレット 200 台と合わせて Google Play for Education を導入しました。タッチスクリーンの直感的な操作性により、幼稚園~小学校 2 年生の生徒はタブレットの使い方をすぐに習得することができました。また、教師も生徒ごとにコンテンツを選んで割り当てることができるようになりました。