ハンツビル独立学区、Chromebook と Apps を導入することで情報格差の解消を促進

教室内での、また幅広い教師や保護者のコミュニティに対する Chromebook の影響には目を見張るものがありました。家庭では決して与えられない、子供たちの人生を変えうる学習環境が学校に整い、保護者たちは歓喜しました。学校でも自宅でも、オンラインの学習リソースにアクセスできるようになったのです。

ハンツビル独立学区、スタッフ教育および学区イニシアチブ ディレクター、Amy Mayer 氏

課題

ハンツビル学区では、必ずしもすべての学校と生徒がオンラインの教育リソースにアクセスできたわけではなく、指導方法を変えたいと考えていました。テクノロジーを効果的に利用して、生徒のやる気と学習方法を向上させるには、ハードウェアのコストを減らす必要があります。学区の IT チームは、常に問題とウィルスが発生しているサーバーの管理に全力であたっていました。ハンツビルでは、テクノロジーを日々利用するにあたり、コスト効率に優れ、メンテナンスに手間がかからないアプローチが何としても必要でした。

解決策

オンライン リソースに容易にアクセスでき、耐久性に優れ、値段も手頃な Chromebook は ハンツビル学区には最適でした。Google Apps for Education により、コストと手間がかかるメールサーバーのメンテナンスが不要になり、その分の時間とリソースを他のことに利用できるようになりました。