David Ross Education Trust、ハイテク コミュニティの構築に Chromebook と Google for Education を導入

The ‘aha’ moment for us was when we held our first IT training session for teachers. Three brave 11-year-old students volunteered to conduct the training, and we were all moved by their level of confidence and authority when talking about technology. They had thought of new ways to use Google Apps that we’d never thought of before.

DRET、IT 責任者 Guy Shearer 氏

課題

DRET では、各学校の限られたリソースの中で IT の規模を拡大する方法について検討する必要がありました。DRET に加わった学校の多くは Windows のデスクトップ パソコンと iPad を採用しており、その使用はコンピュータ室内だけに限られていました。また、コンピュータはカリキュラム外の無関係な科目として扱われることが多く、大部分の教師や生徒はあまり熱心ではありませんでした。「低コストで生徒のテクノロジーへのアクセスを増やす手段を見つけることが課題でした。それも、授業の 1 コマだけパソコンに触れるというコンピュータ室に限定された方法ではなく、日々の授業に自然と採り入れられるような方法が理想的でした」とは DRET の IT 責任者、Guy Shearer 氏。

解決策

After several successful pilots, Shearer and his team began setting up Google Apps accounts and Chromebooks at schools. So far, DRET has deployed 3,000 Google Apps accounts and 500 Chromebooks at 13 schools, and plans to double this by the end of the year. The Trust are now rolling out Google Apps accounts to everyone in the DRET community.