チャーストン フェラーズ グラマー スクール、G Suite と Chromebook でコミュニケーションが大幅に改善

Chromebook の素晴らしいことろは、すぐに使えることです。セットアップの必要がないので、箱から出してすぐ生徒に使わせることができました。できるだけ早くすべてのノートパソコンを Chromebook に置き換えたいと考えています。

チャーストン フェラーズ グラマー スクール、IT ネットワーク担当 Ben Forte 氏

課題

チャーストンでは、コミュニケーション手段のデジタル化を重要視しており、それにより、生徒の学習意欲を高め、教師とのコミュニケーションを活発化させ、さまざまな学習体験を提供し、将来の職業や教育に備えさせることができると考えています。また、テクノロジーの活用が管理業務の合理化にも役立つと考えています。そこで、過去数年間にテクノロジーに多額の費用を投じ、PC 30 台、学校連絡用のデジタル サイネージ システム 1 台、クラス用ノートパソコン、新しい Wi-Fi システム 1 台をそれぞれ含む 6 つのコンピュータ スイートを導入しました。しかし、その後もハードウェアやメールシステムの技術的な問題のため、デジタル装備万全の学習環境を達成できずにいました。

解決策

メールシステムを改善すべく、さまざまなオプションを検討した結果、チャーストンは Gmail、Google ドキュメント、Google カレンダー、Google サイトを含むコラボレーションおよびコミュニケーション用オンライン スイート、G Suite for Education を選択しました。G Suite に移行してから、メールがスタッフや生徒、保護者のメインのコミュニケーション手段となり、教室の内外における共同作業に G Suite が広く活用されるようになりました。この成功を受けて、チャーストンでは現在 10 台の Chromebook を試験導入しており、将来は現在のノートパソコンの買い替え時に Chromebook の大幅な展開も視野に入れているそうです。