コンテンツに移動

計算論的思考

問題解決、コーディング、STEM 科目にフォーカスしたカリキュラムを通じて、今後の課題に対処する能力を身に付けることができます。学校では、生徒がそうした学習をスムーズに始められるよう、さまざまなテクニカル スキルの開発を支援する方法を模索しています。

92%の仕事で、将来はデジタルスキルが必要になります(全世界での統計)。

ZDNet、2018 年

93%の米国の教師が、幼稚園~高等学校における計算論的思考の教育には、ヒューリスティックの使用とアルゴリズムの理解が必要だと考えています。

ピュー リサーチ センター、2018 年

40%のドイツの新入生が、「安全な」キャリアパスとして STEM 課程に登録しています。

米国労働統計局、2012 年

さまざまな国と地域の教育動向

オーストラリア、米国、北欧など、世界の国と地域で教育がどのように進化しているかを詳しくご覧いただけます。

計算論的思考

Chris Stephenson との対話

Google、Computer Science Education Strategy ヘッド

Chris Stephenson

今後 10 年間で STEM 教育はどのように進化していくとお考えですか?また、今とはどのように変わるでしょうか。

コンピューター サイエンスは、今まさに大きく変化しています。変化は今後も継続し、加速していくだろうと考えられます。過去 10 年間で生じた代表的な変化は、ブロックベース プログラミングの発展など、コンピューター サイエンス(CS)学習環境の大幅な向上です。あらゆる生徒を本当の意味で惹きつけることができるよう、カリキュラムの内容だけでなく指導する方法が重視されるようになったことも大きな変化といえます。こうしたリサーチに基づく指導や方法論は、教師が生徒の好奇心を刺激し、自律的な学習を促すうえで今後も有効であり続けることでしょう。これからの 10 年は、今後グローバル化する社会での成功に不可欠なコンピューティング スキルをあらゆる生徒に提供していきたいと考えています。

コンピューター サイエンスと STEM の教育が効果的に行われていると考えられるのはどのような場合ですか?また、効果的に行われていないケースにはどのようなものがあるでしょうか。

どのクラスルームでもそうですが、コンピューター サイエンスや STEM が効果的に行われている状況では、すべての生徒が深く没頭して真の学びを得ています。また、最終的に目指すキャリアが何であれ、一人ひとりが現実社会で使われているツールや戦略を駆使して問題を解決し、ソリューションを示す方法について学んでいます。特にコンピューター サイエンスおよび STEM の場合、現実社会の多様性が教室にいる子供たちに映し出されていなければ、その効果が大きく損なわれていると考えられます。この場合、教室にいない生徒が教師にとって大きな課題となります。出席していない生徒は貴重な機会を逃してしまうことになり、結果としてそうした分野での活躍が望めなくなってしまう可能性があります。

学校での効果的なコンピューター サイエンスの教育に最も重要な基礎は何であるとお考えですか?

重要な基礎は、コンピューター サイエンスであろうと他の教科であろうと変わりはないと思います。何よりもまず、教科に対する情熱を持ち、関連性と魅力をあらゆる生徒に感じさせることができる、優れた教師が必要です。次に、クラスルームに主体的に参加し、インスピレーションを得て学習を進めることができる生徒も重要になります。加えて、教科の教育および学習をサポートするツールが利用できることも大切です。

エキスパートの詳しい説明

使ってみる

学校教育における新しい分野

現在の教育に影響を及ぼし、未来の教育環境を形作っていく重要なトレンドについて学習します。