コンテンツに移動

コラボレーションを促すクラスルーム

学校では開放性、柔軟性、コラボレーションが重視されており、これらを実現すべくクラスルームの再構築が進められています。クラスルームは、保護者と教育者に続く、生徒の「第三の教師」であると考えられています。こうした中、生徒が創造性、柔軟性、コラボレーションの力を伸ばすことができるようなクラスルームの構築が求められています。

25%年間学習進捗の変動の 25%% は、クラスルームの設計と関連しています。

Fast Company、2013 年

73%ある調査では、クラスルームの設計で導かれた生徒の成長のうち 73%% が、柔軟性と主体性の向上によるものという結果が出ています。

Edutopia、2018 年

91%米国における初期検証では、従来の手法だけで設計されたクラスルームの 91%% が、従来の手法と新しい手法を組み合わせて設計されたクラスルームの成績を下回っています。

EducationNext、2017 年

さまざまな国と地域の教育動向

オーストラリア、米国、北欧など、世界の国と地域で教育がどのように進化しているかを詳しくご覧いただけます。

使ってみる

学校教育における新しい分野

現在の教育に影響を及ぼし、未来の教育環境を形作っていく重要なトレンドについて学習します。