さまざまな学習者が利用できる Google Workspace

ニーズや学習スタイルは生徒ごとに違います。Google for Education サービスは、すべての生徒が学び、刺激を受け、最大限の可能性を発揮できるように、ユーザー補助を考慮して開発されています。

Acer Chromebook を使用してコミュニケーションを取っている子ども。

世界中の誰もがツールを利用できるようにする

Google for Education を使用すると、より多くの生徒が学習に参加し、学びに関心を持ち、情報にアクセスできるようになります。Google のツールは、身体的障がいや知覚障がいのある生徒、特定の学習障がいのある生徒など、できるだけ多くの生徒が利用できるように設計されています。

Google Workspace for Education で利用できる機能

スクリーン リーダー
キーボード ショートカット
点字ディスプレイ
高コントラストのサポート
ボタンのテキストへの変更
音声入力
字幕トラックの追加

Gmail

カレンダー

ドライブ

ドキュメント

スプレッドシート

スライド

フォーム

サイト

Classroom

Meet

Google グループ

Gmail

支援技術を使ってメールの送受信や整理、連絡先の管理を行い、さまざまな学習スタイルに対応できます。

コントラストなどの Gmail のユーザー補助機能が表示されているアニメーション。

ドキュメント

ドキュメントでは、支援ツールでドキュメントを作成、編集、共同編集して、ニーズや学習スタイルの異なる生徒をサポートできます。

Google ドキュメントで音声のユーザー補助機能が表示されているアニメーション

スライド

ユーザー補助ツールとカスタマイズによってプレゼンテーションを作成、編集、共同編集できるため、より多くの学習者が利用できます。

Google スライドのユーザー補助ツールのアニメーション

ユーザー補助機能を利用できるアプリ

より多くの学習者が利用できるアプリ

Google Workspace でより多くの生徒の学習参加と成功をサポートする方法を確認する