None

高度な分析とセキュリティ管理が可能 G Suite Enterprise for Educationを使用

None None

真の思考力を養う G Suite Enterprise for Educationを使用

None

動画の活用で高度な学習体験 G Suite Enterprise for Educationを使用

None

専門の担当者が 24 時間 365 日サポート G Suite Enterprise for Educationを使用

None
None None
None
None

高度な分析とセキュリティ管理が可能

真の思考力を養う

動画の活用で高度な学習体験

専門の担当者が 24 時間 365 日サポート

G Suite Enterprise for Educationを使用

柔軟かつ安全で使いやすい教育向けの無料ツールで、生徒に向き合う時間を増やし、学習環境を強化できます。

G Suite for Education のすべての機能と、高度なプレミアム機能

管理

管理

高度な分析とセキュリティ管理が可能

デジタル セキュリティを積極的に管理して脅威を解決します。詳細な分析結果とレポートも得られます。

Classroom

Classroom

アサインメント

アサインメント

真の思考力を養う

課題関連の機能を強化し、独自性を推進するツールで生徒の引用作業を支援します。

Meet

Meet

動画の活用で高度な学習体験

デジタルを活用したクラスとライブ ストリーミングで、共同作業を一段上のレベルに引き上げます。

サポート

サポート

専門の担当者が 24 時間 365 日サポート

専門のサポート担当者が 24 時間 365 日、迅速に問題を解決します。

保護

高度なセキュリティ、公開設定、データと分析の管理

  • セキュリティ状況の積極的な監視でセキュリティ対策を強化
  • 高度な検出機能のセキュリティ センター ダッシュボードで分析情報を取得
  • 一元化されたコンソールからマルウェア、フィッシング、スパムなどの攻撃に対応
Enterprise 版と無料版の比較

最適なエディションをお選びください

G Suite
Enterprise

G Suite for Education

教育と学習のために作られた最高水準の生産性向上ツールセット。G Suite for Education は、今後も教育機関に無料で提供されます。

交流

  • gmail アイコン

    Gmail を使って組織全体でメールを管理

  • calendar アイコン

    共有カレンダー

  • meet アイコン

    音声会議とビデオ会議

    • 会議へのダイヤルイン アクセス(米国のみ)

    • 字幕、視聴者による開始

    • 会議の参加者は最大で 100 人

    • ライブ ストリームは無効

    • 会議の録画不可

共同編集

  • docs アイコン

    Google ドキュメントでリアルタイムでドキュメントを共同作成、共同編集

  • sheets アイコン

    Google スプレッドシートでスプレッドシート上で共同編集

  • slides アイコン

    Gogole スライドでプレゼンテーションを活用して共同作業、共同学習

  • forms アイコン

    フォームでアンケートやクイズを作成

  • classroom アイコン

    Google Classroom とアサインメントで課題、フィードバックなどを管理

    • コースごとに 3 つの独自性レポート

  • sites アイコン

    Google サイトで簡単なウェブサイトを容易に作成

  • groups アイコン

    Google グループで共通の関心事項を共有、話し合い

アクセス

管理

  • support アイコン

    電話、メール、チャットによるサポート

  • vault アイコン

    メール、チャット、ファイルの電子情報開示

    • Gmail と Google Meet の保持とアーカイブ

    • 監査レポートでユーザーのアクティビティを確認

  • admin アイコン

    セキュリティと管理機能

    • モバイル デバイスの管理(Android、iOS)

    • Gmail とドライブのデータ損失防止(DLP)

    • Gmail のホスト型 S/MIME

    • セキュリティ キーの適用によるエンタープライズ級のアクセス制御

G Suite Enterprise for Education

G Suite for Education のすべての機能に加え、エンタープライズ級の追加機能が提供されます。ドメイン全体向け(ドメイン内のすべてのユーザーが対象)のライセンスと、ドメインの一部向け(一部のユーザーが対象)のライセンスがあります。

交流

  • gmail アイコン

    Gmail を使って組織全体でメールを管理

  • calendar アイコン

    共有カレンダー

  • meet アイコン

    音声会議とビデオ会議

    • 会議へのダイヤルイン アクセス(米国内および国際電話)

    • 字幕、視聴者による開始

    • より大規模な会議に対応(参加者 250 人まで)*

    • ドメイン内の最大 10 万人が視聴できるライブ ストリーミング

    • 会議の録画*

* 会議の録画機能とライブ ストリーミングは無料版ライセンスではご利用いただけません。

共同編集

  • docs アイコン

    Google ドキュメントでリアルタイムでドキュメントを共同作成、共同編集

  • sheets アイコン

    Google スプレッドシートでスプレッドシート上で共同編集

  • slides アイコン

    Gogole スライドでプレゼンテーションを活用して共同作業、共同学習

  • forms アイコン

    フォームでアンケートやクイズを作成

  • classroom アイコン

    Google Classroom とアサインメントで課題、フィードバックなどを管理

    • 無制限の独自性レポート

    • 生徒間の検出(ベータ版)

  • sites アイコン

    Google サイトで簡単なウェブサイトを容易に作成

  • groups アイコン

    Google グループで共通の関心事項を共有、話し合い

アクセス

管理

  • support アイコン

    電話、メール、チャットによる 24 時間 365 日対応のサポート

    • スペシャリストから成る専門チームがすばやく対応

  • vault アイコン

    メール、チャット、ファイルの電子情報開示

    • Gmail と Google Meet の保持とアーカイブ

    • 監査レポートでユーザーのアクティビティを確認

  • admin アイコン

    セキュリティと管理機能

    • 高度なモバイル デバイス管理(Android、iOS)

    • Gmail とドライブのデータ損失防止(DLP)

    • Gmail のホスト型 S/MIME

    • セキュリティ キーの適用によるエンタープライズ級のアクセス制御

    • データ リージョン

    • BigQuery での Gmail ログの分析

    • 法令に準拠したサードパーティ製アーカイブ ツールと Gmail を統合

    • セキュリティ センター

    • セキュリティ調査ツール

    • 異常検出(ベータ版)

    • 高度な保護機能プログラム(ベータ版)

    • セキュリティ サンドボックス

    • G Suite Migrate(ベータ版)

    • Microsoft Exchange Online Archives からの移行(ベータ版)

    • ドライブのショートカットの移行サポート(ベータ版)

    • 共有ドライブのサブフォルダ共有の移行サポート(ベータ版)

最適なエディションをお選びください

G Suite
Enterprise

G Suite for Education

教育と学習のために作られた最高水準の生産性向上ツールセット。G Suite for Education は、今後も教育機関に無料で提供されます。

交流

  • gmail アイコン

    Gmail を使って組織全体でメールを管理

  • calendar アイコン

    共有カレンダー

  • meet アイコン

    音声会議とビデオ会議

    • 会議へのダイヤルイン アクセス(米国のみ)

    • 字幕、視聴者による開始

    • 会議の参加者は最大で 100 人

    • ライブ ストリームは無効

    • 会議の録画不可

共同編集

  • docs アイコン

    Google ドキュメントでリアルタイムでドキュメントを共同作成、共同編集

  • sheets アイコン

    Google スプレッドシートでスプレッドシート上で共同編集

  • slides アイコン

    Gogole スライドでプレゼンテーションを活用して共同作業、共同学習

  • forms アイコン

    フォームでアンケートやクイズを作成

  • classroom アイコン

    Google Classroom とアサインメントで課題、フィードバックなどを管理

    • コースごとに 3 つの独自性レポート

  • sites アイコン

    Google サイトで簡単なウェブサイトを容易に作成

  • groups アイコン

    Google グループで共通の関心事項を共有、話し合い

アクセス

管理

  • support アイコン

    電話、メール、チャットによるサポート

  • vault アイコン

    メール、チャット、ファイルの電子情報開示

    • Gmail と Google Meet の保持とアーカイブ

    • 監査レポートでユーザーのアクティビティを確認

  • admin アイコン

    セキュリティと管理機能

    • モバイル デバイスの管理(Android、iOS)

    • Gmail とドライブのデータ損失防止(DLP)

    • Gmail のホスト型 S/MIME

    • セキュリティ キーの適用によるエンタープライズ級のアクセス制御

G Suite Enterprise for Education

G Suite for Education のすべての機能に加え、エンタープライズ級の追加機能が提供されます。ドメイン全体向け(ドメイン内のすべてのユーザーが対象)のライセンスと、ドメインの一部向け(一部のユーザーが対象)のライセンスがあります。

交流

  • gmail アイコン

    Gmail を使って組織全体でメールを管理

  • calendar アイコン

    共有カレンダー

  • meet アイコン

    音声会議とビデオ会議

    • 会議へのダイヤルイン アクセス(米国内および国際電話)

    • 字幕、視聴者による開始

    • より大規模な会議に対応(参加者 250 人まで)*

    • ドメイン内の最大 10 万人が視聴できるライブ ストリーミング

    • 会議の録画*

* 会議の録画機能とライブ ストリーミングは無料版ライセンスではご利用いただけません。

共同編集

  • docs アイコン

    Google ドキュメントでリアルタイムでドキュメントを共同作成、共同編集

  • sheets アイコン

    Google スプレッドシートでスプレッドシート上で共同編集

  • slides アイコン

    Gogole スライドでプレゼンテーションを活用して共同作業、共同学習

  • forms アイコン

    フォームでアンケートやクイズを作成

  • classroom アイコン

    Google Classroom とアサインメントで課題、フィードバックなどを管理

    • 無制限の独自性レポート

    • 生徒間の検出(ベータ版)

  • sites アイコン

    Google サイトで簡単なウェブサイトを容易に作成

  • groups アイコン

    Google グループで共通の関心事項を共有、話し合い

アクセス

管理

  • support アイコン

    電話、メール、チャットによる 24 時間 365 日対応のサポート

    • スペシャリストから成る専門チームがすばやく対応

  • vault アイコン

    メール、チャット、ファイルの電子情報開示

    • Gmail と Google Meet の保持とアーカイブ

    • 監査レポートでユーザーのアクティビティを確認

  • admin アイコン

    セキュリティと管理機能

    • 高度なモバイル デバイス管理(Android、iOS)

    • Gmail とドライブのデータ損失防止(DLP)

    • Gmail のホスト型 S/MIME

    • セキュリティ キーの適用によるエンタープライズ級のアクセス制御

    • データ リージョン

    • BigQuery での Gmail ログの分析

    • 法令に準拠したサードパーティ製アーカイブ ツールと Gmail を統合

    • セキュリティ センター

    • セキュリティ調査ツール

    • 異常検出(ベータ版)

    • 高度な保護機能プログラム(ベータ版)

    • セキュリティ サンドボックス

    • G Suite Migrate(ベータ版)

    • Microsoft Exchange Online Archives からの移行(ベータ版)

    • ドライブのショートカットの移行サポート(ベータ版)

    • 共有ドライブのサブフォルダ共有の移行サポート(ベータ版)

共同編集

高度な動画ツールで学習の可能性を拡大

  • 最大 250 人まで参加可能なバーチャル教室を開始
  • 10 万人のドメイン内ユーザーが参加可能なライブストリーム イベント
  • 会議を録画、自動保存してドライブにアーカイブ
Enterprise 版と無料版の比較
学習

堅牢なエンタープライズ級の機能で真の思考力を養う

  • 無制限の独自性レポート機能を使って採点時間を短縮
  • 現在と過去の生徒の提出物を比較して真正性を確認
  • 知的財産権を保護し、スキャンされた作品について学校の所有権を保持
Enterprise 版と無料版の比較
入力

メールのセキュリティ インシデントが発生していることがわかったら、リアルタイムでデータを確認し、数分で状況に対応できるようになりました。

Chris Budzynski 氏、チーフ テクノロジー オフィサー、ハントリー コミュニティ学区 158

料金設定とライセンスに関する質問

すべて展開 すべて折りたたむ
  • このエディションの料金設定はどのようになっていますか?

    ライセンスを個別でご購入になる場合の年間の MRSP:

    教職員 1 人あたり年額 ¥5400 学生 1 人あたり年額 ¥5400

    2020 年 7 月 31 日以前にすべての教職員のライセンスをご購入になる場合(プロモーション料金でご利用いただけます*):

    教職員 1 人あたり年額 ¥5400 ¥2700 対象の学生は利用料無料**

    ** 以下の条件に一致する場合、学生の G Suite Enterprise for Education ライセンスは無料:

    • 教職員と学生の比率が 1:10 以下の場合に限ります。
    • 全教職員が G Suite Enterprise for Education アカウントを保持している場合に限ります。

    重要: G Suite Enterprise for Education の「ドメインのユーザー全体へのライセンス付与」は、ユーザー単位で許諾されます。これは、ドメイン内のすべてのユーザーに自動的に Enterprise ライセンスが許諾される「サイト ライセンス」とは異なります。ユーザーがプレミアム機能へのアクセス権を付与されるよう、ライセンスを割り当てるユーザー数をよくご確認ください。

  • 教育機関の一部の人員がユーザーになる場合と、全員がユーザーになる場合で、料金設定に違いはありますか?

    はい、ドメインをお使いのすべてのユーザーに G Suite Enterprise for Education のライセンスが必要な場合、ドメインのユーザー全体へのライセンス付与をご利用いただけます。一部のユーザーについてライセンスが必要な場合、ドメインのユーザーの一部へのライセンス付与をご利用いただけます。対象の教育機関にどちらが適しているか、こちらでご確認いただけます。

    重要: G Suite Enterprise for Education の「ドメインのユーザー全体へのライセンス付与」は、ユーザー単位で許諾されます。これは、ドメイン内のすべてのユーザーに自動的に Enterprise ライセンスが許諾される「サイト ライセンス」とは異なります。ユーザーがプレミアム機能へのアクセス権を付与されるよう、ライセンスを割り当てるユーザー数をよくご確認ください。

  • このエディションを購入するにはどうすればよいですか?

    このエディションはパートナーからご購入いただけます。パートナーからのご連絡を希望される場合は、こちらのフォームをご記入ください。

  • 詳しい情報はどこで確認できますか?

    詳しくは、G Suite Enterprise for Education をご覧ください。新しいエディションの詳細については、ヘルプセンターでもご確認いただけます。

使ってみる

G Suite Enterprise for Education を今すぐ利用

G Suite for Education で教育に変革を。教育機関の皆様に常に無料でご利用いただけます。さらに G Suite for Enterprise なら、高度なセキュリティ管理機能とツールでデジタル環境もアップグレードできます。

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。