ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の学生と教職員、オンライン グループを積極的に活用してコラボレーションを促進

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の教職員と学生は、学習とコミュニケーションのニーズを満たすために Google と G Suite を長年利用しており、新しいツールや機能がリリースされるたびに、それらを積極的に採り入れています。一方、大学の IT 部門は、G Suite ツールを活用してコラボレーションを促進するよう学内に働き掛けています。

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校(UNCG)の IT マネージャーであるニック ヤング氏は、キャンパスのテクノロジーについて 2 つの信条を持っています。その 1 つは、学生や教職員がツールを利用するのは、IT 部門が義務付けるからではなく、役立つと思うからであるべきということです。2 つ目は、学生と教職員が IT 部門からのサポートをほとんど受けずに、主に自分たちだけでテクノロジーを管理できるべきということです。2005 年に Gmail を導入して以来、Google がずっと活用されてきた UNCG では、その使いやすさと組織的な導入により、大学の 20,000 人の学生と 3,500 人の教職員の間に G Suite for Education の利用が広まっています。

「IT 部門では学生や教職員の要望に耳を傾けるようにしています。こちらの意見を押し付けるようなことはしたくありません」と語るヤング氏。「さまざまなアプリやツールを自由に選んで使えるようにすることで導入を広めていく、というのが我々のやり方なのです。」

学生と教職員は、Gmail や Google ドキュメントといった G Suite ツールの価値を認めるようになると、ハングアウトや Google グループなど、この 10 年間に G Suite に追加された新しい機能も徐々に採り入れていきました。これらの新しいツールと機能のおかげで、有益な情報を共有することとコラボレーションの重要性が学内全体で認識されるようになった、とヤング氏は述べています。

IT リーダーの声

「Google グループは学内のコミュニケーション計画の重要な一環となっています。」

Nick Young, IT マネージャー, ノースカロライナ大学グリーンズボロ校

コラボレーションとストレージ用の自己管理型ツール

UNCG の IT チームの開発担当者は決して多くなく、管理チームも小規模であるため、ヤング氏は、IT チームからの大掛かりな支援がなくても、学生と教職員が時間を節約しつつ効率的にコラボレーションできる G Suite の使い方を常に模索しています。「我々に必要なのは、費用対効果の最も高い、スケーラブルな改善策です」と述べるヤング氏にとって、その答えは学生と教職員が自分たちで運用できる自己管理型ツールです。

たとえば、ヤング氏は、学生生活委員会と学生寮リーダーが異なるメールツールの代わりに、Google グループを使ってメッセージを共有することを提案しました。手作業によるメーリング リストの管理はメンバーの追加や削除といった作業に手間がかかるうえ、メールも受信者の他のメールの中に埋もれて見逃されがちだからです。そこで、学生生活部門のスタッフと学生は、学内の特定のグループを対象に Google グループを使用してオンライン コミュニティを作成し、コミュニケーションを取れるようにしました。Google グループのメンバーは、自分たちのグループページにアクセスすれば、話し合いの様子をチェックしたり、メールを受け取らなくてもグループ リーダーからの重要な通知を確認したりできるようになりました。

「Google グループにより、サーバーのメンテナンスやソフトウェアのバックアップといったメーリング リスト関連のインフラストラクチャを削減することができました」と語るヤング氏。グループ リーダーはメンバーの追加や削除を簡単に行うことができ、Q&A フォーラムのような機能を利用すれば、他のメンバーに質問を投稿して答えてもらうことも可能です。「Google グループは学内のコミュニケーション計画の重要な一環となっており、さまざまな同窓生のグループも順次追加しています。」

チームドライブでオーナーシップの問題を解消

UNCG の各部門は、職員が大学を退職する際のメール転送やメール保持のために Google Vault を活用していますが、これをサポートしているヤング氏は「職員の退職に伴う業務を、より一層効率的に処理できるようになりました」と述べています。

ヤング氏はまた、ドキュメントの共有と保存に Google のチームドライブを活用するよう職員や学生たちに呼びかけています。チームドライブ内のファイルは個人ではなくグループで管理されるため、メンバーの誰かがいなくなっても、ファイルへのアクセスが問題になることはありません。

「チームドライブでは、ファイルのオーナーが誰であっても問題になりません」と語るヤング氏。Google ドライブや他の G Suite ツールと同様に、チームドライブでも、管理者が IT にサポートを依頼することなくメンバーや権限を管理できるのです。

他のキャンパスとのコラボレーション

G Suite は、ノースカロライナ大学(UNC)系列の各校で広く利用されているため、ヤング氏などの管理者たちはプロセス改善のためのアイデアを簡単に共有できます。たとえば、Google ハングアウトによる「月次管理者ハングアウト」では、UNC 系列全体から管理者たちが集まり、G Suite の新しい利用法について話し合っています。

「他の管理者たちに相談しても解決できない問題など、めったにありません」と語るヤング氏。「どのキャンパスでも Google を使用しているので、同じプラットフォーム上でコミュニケーションを取れるのは便利なことです。ハングアウトのおかげで、問題を解決しやすくなりました。」

教育機関のプロフィール

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校(UNCG)は、85 の学士課程、74 の修士課程、32 の博士課程がある総合研究大学で、20,000 人の学生が在籍しています。大学の使命は、あらゆる人を受け入れる学生中心のコミュニティを提供しつつ、知的探求を促し、社会に積極的に貢献する人間を育成することです。

ご利用のソリューション

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。