コロンバス州立大学サイモン シュオブ記念図書館、Chromebooks を導入

課題

コロンバス州立大学では、モバイルと Wi-Fi に対応した環境へ移行する中で、図書館にも学生用のノートパソコンを備えたいと考えました。同校の希望は、使いやすくて費用対効果が高く、バッテリーも長持ちするノートパソコンを購入することでした。

「学生たちは Chromebook を借りるために繰り返し図書館を訪れてきます。使い方が簡単で、軽くて持ち運びにも便利な Chromebooks は学生に大人気なんです。」

Jackie Radebaugh, 図書館学助教授

解決策

2008 年に G Suite for Education を導入し、学内交通機関とキャンパスのすべてを Wi-Fi 対応にすると、コロンバス州立大学はサイモン シュオブ記念図書館での新たな取り組みを開始しました。そして 2012 年、同校は新しいコンピュータ実習室を設置する代わりに、図書館に 40 台の Chromebooks を導入しました。現在、学生は最長 3 時間まで Chromebook を借り出して、Gmail のチェックやウェブ検索などを行うことができます。また、クラスでは、Google ドキュメントを使って他の学生と共同でプロジェクトに取り組んだり、課題についてディスカッションしたりすることもできます。借り出した Chromebook はシャットダウンすればリセットされるため、自動的に次のユーザーが使用できる状態になります。

教育機関のプロフィール

1958 年に設立されたジョージア州コロンバスのコロンバス州立大学は、芸術、教育、ビジネスなどの特色あるプログラムを提供しており、グローバル化の進む社会において成功を収めることができるよう学生を支援しています。

ご利用のソリューション

ダウンロード

ご登録いただきありがとうございます。

Let us know more about your interests.