学生自治会が Google Apps を毎日使って、ヴァンダービルトをより良い方向へ変えていってくれています。Google によって、ヴァンダービルトの学生の取り組み、交流、学習のあり方が変化しているのです。

ヴァンダービルト学生自治会会長、Wyatt Smith 氏

課題

ヴァンダービルトでは、より優れたコラボレーション手段を求め、学生の作業中のコミュニケーションや共同作業を強化し、より充実した技術経験を学生に提供できるシステムを探し始めました。そして、ヴァンダービルトの IT スタッフは、Google Apps に切り替えるよう勧める学生自治会の話に耳を傾けました。また、ヴァンダービルトには、公開ウェブサイトで月に 300,000 件にのぼる大量の検索を処理できる検索ソリューションも必要でした。

解決策

Vanderbilt selected Google Apps Education Edition, a free version of Google Apps optimized for on-campus use. Within thirty days they were up and running an opt-in email solution for their undergraduate population, providing new email and collaboration tools that students welcomed and quickly put to use. Once Vanderbilt started using Google Apps, evaluating the Google Search Appliance (GSA) was a natural next step. Relevance and speed were particularly important since search would need to process some 30-60 queries per minute on the public website.